フェリーズ・コンサル株式会社|経営サポート・ITサポート|藤沢市

お客さまの立場に立った経営サポート・ITサポートならフェリーズ・コンサル株式会社にお任せください。

ホームスタッフブログ ≫ 二酸化炭素排出量は何が多い? ≫

二酸化炭素排出量は何が多い?

2018年度の日本の二酸化炭素排出量の部門別割合を見てみると、1位はエネルギー転換部門(発電)で40.1%、2位が産業部門で25.0%、3位が運輸部門で17.8%となっています。
東日本大震災後、発電用は原子力が止まったことで2011~2013年度は二酸化炭素排出量が増えていますが、その後は減少しています。
再生可能エネルギーの普及の影響でしょうか。
そうは言っても、まだまだ多いレベルですので、節電ユニット「エコモ」を利用すれば、電気使用量を削減でき、発電量を減らすことに通じるので、結果的に二酸化炭素排出量削減に寄与できます。
このところ、コロナの影響もあり、宅配便の利用が多くなって来ていますので、運輸部門の二酸化炭素排出量が多くなりそうで気がかりです。
2020年08月03日 15:37

会社概要

会社名 フェリーズ・コンサル株式会社
住所 神奈川県藤沢市
営業時間 9:00〜18:00(土曜・日曜・祝日を除く)
電話番号 090-3508-7023
メール info@feliz-consul.com

サイドメニュー

モバイルサイト

フェリーズ・コンサル株式会社スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら